おすすめゲーミングデバイスを紹介

パソコンでゲームをするならマウスに着目

パソコンの操作には必要不可欠なマウス。ゲームでももちろんマウスを使う状況が多く発生し、ゲーミングデバイスとして、一般的な存在となっています。まずは普段使用しているマウスでゲームをプレイしてみてください。特に不便を感じなければそれでも良いと思います。しかし、何かアクションを起こそうとした時に、マウスに設定できるボタンがもっと欲しい、ボタンの配置がゲーム操作に合っていない、マウスを動かす手が疲れる、ボタンやマウスポインターの反応が悪い、といったようなことがあれば、ゲーミングマウス購入を考えてみるのも良いでしょう。ゲーミングマウスとは、ボタンの割当数が多い、自分の好みの設定機能を持つなど、ゲーム操作を快適にしてくれるマウスです。ゲーミングマウスは種類も豊富で、価格も1,000円台から10,000円を超すものまで様々です。さて、どのようなものがあり、どう選べば良いのでしょうか。

 

マウスの読み取り形式による違い

 

現在主流のゲーミングマウスにはレーザー式と光学式があります。レーザー式の方が読み取り精度・解像度・感度が高いのが特徴です。レーザー式なら、光学式では思うように認識されないような、光沢のある素材の上でも安定した動作が可能となります。価格としてはレーザー式マウスの方が高く、解像度の高いものほど高価です。最近では光学式でも読み取り精度の向上したレンズや、感度の良い青色LEDを使用したタイプも発売されています。

 

有線・無線で違うマウスの操作性

 

最近はワイヤレスタイプのマウスが多く発売されています。ワイヤレスマウスのメリットはケーブルが邪魔にならず、好きな位置でマウスを動かせるということです。しかし、マウス本体に電池を入れるので、長時間操作をしていると重さを感じることもあります。また、電波状況によって動きが悪くなり、電池切れを起こした場合には操作不能にもなるので注意が必要です。有線タイプのマウス場合、ケーブルがあるので置き場所や操作性に制限が出る部分もありますが、その反面、軽さや電池切れの心配のないこと、電波に左右されないため安定した動作が可能というメリットもあります。ゲーミングマウスの場合は、安定性・確実性を重視して、有線タイプであることがほとんどです。

 

マウス選びは手に馴染むものを!

 

長時間使用しても疲れないためにはサイズも重要です。まずは自分の手のサイズにあったゲーミングマウスを選びましょう。その上で、ボタンの数や配置、クリック感などを実際に体験してみてください。ゲームをしているとクリック回数も多くなりがちです。クリック回数の増加に耐えるため、耐久性と操作感が心地良いとユーザーからの評価が高い、日本のオムロン製スイッチを使用しているものもあります。また、ゲーミングマウスと同時に、ゲーミングマウスパッドも一緒に考えてみましょう。必要なポイントでしっかり止まるか、マウスの滑り心地はどうかといった部分を重点に選ぶことが大切です。そして、マウスを持ち上げる回数を減らせるよう、可能な限り大きめのサイズのパッドを選んでおくとよいでしょう。できればマウスは手にとって、自分に合うかどうか確かめてから購入したいものです。秋葉原にあるGALLERIA Loungeでは、ゲーミングマウスをはじめ、様々なゲーミングデバイスを展示しており、実際に体験することができますので、機会があれば実際に手で触れてみてください。