おすすめゲーミングデバイスを紹介

ロジクールGシリーズとは

Logicoolは、スイスに本社を持つLogitech社の製品の日本ブランド名です。Logitech社は1981年に創業され、世界をリードするコンピューターマウスメーカーとして成長してきました。個人向けパソコン周辺機器の開発・販売をおこなっており、ゲームや音楽、エンターテイメント関連のデバイスも手がけています。その中で、ゲーミングマウスやゲーミングキーボード、ゲーミングヘッドセットなどのゲーミングデバイスのブランドとして展開されているのがロジクールGシリーズです。世界的には「Logitech」のブランドで販売されていますが、日本でのみ「Logicool」というブランド名となっています。ロジクールGシリーズの製品は、日本でもゲーミングデバイスを購入しようとしたことのある人であれば、ほとんどのショップやサイトで目にすることができるほど、浸透しているゲーミングデバイスのブランドでもあります。

 

マウスは2種類のスクロールボタンで使い分け

 

ロジクールGのゲーミングマウスにはデュアルモードのスクロールホイールが搭載されているものがあります。これは、マウスホイールを回した時に、クリック感のある段階的なスクロールと、スマートフォンなどのスクロールのように途中で止まらずにスクロールするタイプとに切り替えられる機能です。ゲームをする時にはクリック感のあるタイプを使い、ネットサーフィンをしたりする時にはクリック感のない高速スクロールを使うというように使い分けられるので便利です。その他、ゲーミングマウス本体のメモリに、自分の設定したマクロやスキルの配置を記憶させることができるタイプもあるので、外出先でプレイする時でも使い慣れた配置でプレイすることができます。

 

プログラム可能なGキー搭載キーボード

 

ゲーミングキーボードについているGキーは、自分でマクロなどの機能の割り当てを設定できるキーです。3つのモードがあるので、1つのGキーには最大3つの機能が割り当てられ、複雑なマクロも1つのキーで簡単に発動させることができます。

 

Logicool独自で開発されたRomer-Gメカニカルキーは、高速キー入力を可能にし、素早いキー操作にも対応しています。

 

また、パフォーマンスファセットキーキャップもLogicool独自のもので、ブラインドタッチ(タッチタイピング)での精度と確実性を増すために開発されました。このキーキャップの搭載されたゲーミングキーボードは、ゲームでよく使われるキーにくぼみがあり、必要なキーがわかりやすくなっています。指先にフィットし、タッチのミスを減らすことができるので、ゲームに集中できるゲーミングキーボードといえます。

 

ヘッドセットにもGキー

 

ゲーミングヘッドセットのカップ部分にもGキーがついているタイプがあります。通常はオーディオコントローラーとして音量調節やマイクのミュートなどの操作に使われますが、自由にカスタマイズでき、特定のアプリケーション操作を割り当てることもできます。

 

ゲーミングヘッドセットで最も重要なサラウンドは、7.1chのサラウンドサラウンドにより、立体的で臨場感に満ち、ゲームのあらゆる音を再現。カップ部分は、通気性がよくやわらかいメッシュ生地となっていて、取り外して洗うこともできるようになっています。

 

Logicool GシリーズなどLogicool製品一覧はこちらから