おすすめゲーミングデバイスを紹介

VRデバイス Oculus について

バーチャルリアリティとOculus Rift

 

バーチャルリアリティ(VR)は日本語で言うと「仮想現実」を意味します。VRは人の五感に直接訴えかけることが出来る特殊な機材によって提供されますが、一番わかり易いのが視覚に訴えかけることができるツールです。VR世界を効果的に作り出すツールは沢山ありますが、中でもOculus Riftというヘッドマウントディスプレイ(HMD)は一線を画すツールと言うことができるでしょう。HMDは頭をすっぽりと覆うヘルメットのようなタイプもあるのですが、Oculus Riftはヘッドホンに大きなゴーグルがついたようなツールです。視覚に訴えかけるVRに特化したHMDであるOculus Riftの最大の特徴は、顔を動かせば動かした方向の映像がOculus Riftに投影されるという点にあります。つまり、ゲームやVR空間に本当に自分がいるかのような体験が出来るということなのです。

 

Oculus Riftの機能とは?

 

Oculus RiftはHMD型のVRデバイスなので、頭につけて使用することがが前提になります。そして、Oculus Riftは頭の動きを素早く検知し、使用者が下を向いているのか上を向いているのか、どれくらいの速度で頭を動かしているのかなどの情報を一瞬で処理し、HMD内部のディスプレイに映します。同様の機能を持ったHMDは過去にもありましたが、遅延が酷く、精度も悪く、使い勝手は決して良いとは言うことができませんでした。しかし、Oculus Riftでは旧来のHMDの欠点を全て克服し、HMD型のVRデバイスとしては非常に完成度が高くなっています。ただし、Oculus Riftを使えば全てのゲームやシミュレーターでVR体験が出来るのかというそういうわけではありません。右や上を向いたら右や上の映像を写さなければなりませんので、三次元的な映像情報が必要になります。少なくともカメラで撮影した映像では足りません。Oculus Riftに対応した3Dグラフィックのデジタル情報が予め用意されていて、それをコンピューターで処理する事で初めてOculus Riftの本領が発揮できるのです。Oculus Rift対応ソフトが続々出てくることが予想されますが、今しばらく時間がかかるでしょう。

 

Oculus Riftの活用例と推奨スペック

 

VRやHMDが最も有効活用できそうなのは、やっぱりゲームでしょう。戦闘機のゲームで本物のパイロットのように周囲を見渡したり、FPSで自分の顔を動かしながら背後の敵を確認したりできるようになれば、今までのゲームの常識を覆すようなゲーミング体験が可能になります。

 

ゲーム以外にも映画に使うことも出来ますし、シミュレーターとして訓練に使うことも出来るでしょう。また、VRとは違いますが戦車や重機のような視界の悪い乗り物に搭載し、外部カメラと連動させて自在に周囲を確認するために使うことも検討されています。

 

Oculus Riftの推奨スペック

 

非常に便利で新しい体験を提供してくれるOculus Riftですが、映像処理には非常に高いスペックのパソコンが要求されています。発売時に想定されている推奨スペックは、グラフィックボードがGeForce GTX970以上、CPUはIntel Core i5-4590以上、メモリは8GB以上です。一般向けのPCではとても満たせるスペックではなく、ハイエンドゲーミングPCが必要になるでしょう。しかし、十分な性能を満たすゲーミングPCが用意できさえすれば、対応ソフトを手に入れるだけで手軽にVR体験を楽しめるようになります。

 

ドスパラOculus Rift DK2 動作確認済みゲーミングPCはこちら