おすすめゲーミングデバイスを紹介

ゲーミングPCならBTOパソコンが最適!

ゲーミングPCの中心的なパーツはグラフィックボードなのですが、実際に自分にとって必要な性能を満たしたグラフィックボードが搭載されたパソコンを購入するためにはどうしたらよいのでしょうか?ということをご説明していきます。

 

国内有名メーカー製のパソコンという選択肢は無いのです

 

パソコンと言えば、日本には世界でも有名なパソコンメーカーがたくさんありますよね。東芝とか、富士通とか、ちょっと前のSONYもそうでした。でも、こうした国内有名メーカーのパソコンで、高性能なグラフィックボードが搭載されるパソコンが一般消費者向けに発売されることは、まず無いのです。パソコンは世界的に価格競争が進んでおり、メーカーとしては、下げられるコストは1円でもカットしたいのが本音です。そうしたなかで、グラフィックボードは最も高価なPCパーツのひとつですし「3Dグラフィックスを綺麗に表示する」という目的が無い限りは、必要が無いパーツです。現在では、グラフィックの出力機能がCPUに内蔵されるケースも増えてきていて、インターネット通信、Youtube再生と言うような用途では、特に高性能なグラフィックボードを必要としません。1円でもコストを下げたいメーカーが、必要が生じた場合に備えて、という理由でグラフィックボードを搭載するわけも無く、現在、世界的に普及価格帯、つまり一般用途のパソコンではグラフィックボードをそもそも搭載しない構成が一般的になってきています。

 

そこでBTOパソコンという選択肢が出てくるのです

 

そんな、困った!ではグラフィックボードを搭載したゲーミングPCはどこで買ったらいいの?という声が聞こえてきそうですが、ご安心下さい。需要があれば、供給もあるものです。現在は、一定以上の性能のグラフィックボードを搭載したパソコンを購入する際には、パソコンショップが提供しているショップブランドPC、BTOパソコンから選択することが一般的になってきました。BTOパソコンを提供しているパソコンショップは、元々はPCパーツの専門店であった場合が多く、グラフィックボードなど、PCパーツのプロでもあるのです。現在でもパソコンを自作するユーザーは多く、BTOパソコンを販売するショップも、同時にさまざまな種類のPCパーツを取り扱っていることが多いのです。これは、BTOパソコンのカスタマイズ選択肢が広がるという好循環にもつながり、ショップブランドPC、BTOパソコンの魅力を高めています。ちなみに、ショップブランドPCというのは、パソコンパーツの専門店が、自分の店舗で取り扱っているパーツをパソコンとして組み立てた商品のことを指しますが、受注の際に顧客から何らかのカスタマイズ要望が入ることが多く、事実上は「ショップブランドPC」は「BTOパソコン」のなかに含まれる、と考えて問題ありません。BTOパソコンには、Dellなど世界的なパソコンメーカーに成長した企業も含まれる点が、言葉の意味において違ってくるポイントです。図的にいうと、「BTOパソコン」の大きな円のなかに、「ショップブランドPC」の小さな円も含まれるイメージとなります。

 

もうちょっと話しを進めると

 

ゲーミングPCを買うなら、ショップブランドPC、BTOパソコンということですが、先ほどの例でもあげたDellなどのBTOパソコンでゲーミングパソコンを購入するのは、実はあまりお買い得な方法とは言えません。世界的な巨大企業だけに、パーツの検証にも時間を要するためか、新商品がカスタマイズ項目に反映されるタイミングも、ショップブランドPCと比べて遅れることが多く、価格も高めになってしまうことが多いのです。そのため、多くのオンラインゲーム愛好家は、有名パソコンショップのショップブランドPCをカスタマイズして注文しています。ことゲーミングPCに関しては、ショップブランドPC=BTOパソコンと考えて良い状況です。当サイトでも、両方の用語を基本的に同じ意味で使用していきます。

 

まとめます

 

ゲーミングPCを買うなら、BTOパソコン、そのなかでもショップブランドPCがおすすめです。高性能なグラフィックボードを搭載したパソコンをお買い得に購入しようとすると、他に選択肢は無い、というぐらいの状況なのです。皆さんも、当サイトなどの情報を参考に、BTOパソコン、ショップブランドPCをぜひ検討してみて下さい。